コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相川春喜 あいかわ はるき

1件 の用語解説(相川春喜の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相川春喜 あいかわ-はるき

1909-1953 昭和時代の技術史家,社会運動家。
明治42年8月15日生まれ。学生ストで四高中退後,産業労働調査所などにつとめ,唯物論研究会に参加。昭和11年コム-アカデミー事件で検挙される。戦後シベリアに抑留され,日本人捕虜向けの「日本しんぶん」の論説を担当した。24年帰国。昭和28年4月29日死去。43歳。新潟県出身。本名は矢浪久雄。著作に「技術論」「現代技術論」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の相川春喜の言及

【コム・アカデミー事件】より

…《日本資本主義発達史講座》の刊行(1932‐33)にともない,明治維新や地主制の性格をめぐる日本資本主義論争は白熱化した。この論争を踏まえて日本社会の半封建的性格を究明しようとする立場から,同講座の編集者であった山田盛太郎,平野義太郎,執筆者であった小林良正,相川春喜らが中心となって,1934年末から〈日本封建制講座〉刊行の企画が進められ,執筆準備のための共同研究も行われていた。36年6~7月,〈日本封建制講座〉関係者は治安維持法違反で一斉検挙された。…

※「相川春喜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相川春喜の関連キーワード渋江二郎竹内類治谷信一中岡哲郎中沢護人村田潔矢崎美盛山崎俊雄湯浅光朝吉田光邦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone