コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯物論研究会 ゆいぶつろんけんきゅうかい

2件 の用語解説(唯物論研究会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唯物論研究会
ゆいぶつろんけんきゅうかい

1932~38年,戸坂潤三枝博音服部之総永田広志小倉金之助らによってもたれた合法的研究団体。設立当初は林達夫,長谷川如是閑ら自由主義者を含む広範な大衆的文化団体として発足したが,資本主義論争に刺激され,次第にマルクス主義者の理論活動へと変化していった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唯物論研究会
ゆいぶつろんけんきゅうかい

日本で最初の、唯物論の研究と啓蒙(けいもう)を目的とする学術団体。1932年(昭和7)10月、戸坂潤(とさかじゅん)、岡邦雄(くにお)、三枝博音(さいぐさひろと)らを中心として創立大会が開かれ、機関誌『唯物論研究』を発刊、毎月定期的に研究会、小集会をもって活動を展開した。「現実的な諸課題より遊離することなく、自然科学、社会科学及び哲学に於(お)ける唯物論を研究し、且(か)つ啓蒙に資するを目的」(規約第1条)とする「学術啓蒙団体」であった。当初は唯物論者だけではなく、長谷川如是閑(はせがわにょぜかん)、寺田寅彦(とらひこ)らの進歩的な評論家、自然科学者を広範に結集し、文化の面における反ファシズム運動としての特徴をもっていたが、弾圧が強化されるなかで脱会者が続出し、35年には唯物論者だけの研究団体になっていった。にもかかわらず、38年2月に解散を余儀なくされるまで、一貫して合法性を守りながら大きな実績をあげた。機関誌『唯物論研究』(のちに『学芸』と改題)はあわせて73冊を刊行、双書『唯物論全書』(第三次から『三笠(みかさ)全書』と改題)計50冊を出版した。この双書は、哲学、数学、物理学、経済学、政治学、美術論、文学論など広範囲にわたり、「一種の包括的な百科全書」といわれた。なお、戦後は1959年(昭和34)6月に各地の唯物論研究会の連絡機関として日本唯物論研究会が生まれたが、内部対立により65年に事実上解散し、78年7月に唯物論研究者の新しい全国組織として唯物論研究協会が発足した。[山田敬男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の唯物論研究会の言及

【マルクス主義】より

…しかし35年を過ぎるころから,超国家主義,軍国主義が支配的となり,共産党は壊滅し,講座派,労農派の学者の多くも検挙・投獄された。戸坂潤らの唯物論研究会をはじめ,偽装したマルクス主義研究がなお行われたとはいえ,日本のマルクス主義はほとんど圧殺されたのである。 1945年の太平洋戦争の敗戦とともに,マルクス主義は戦後思想の主流として復活した。…

【唯物論研究】より

…1932年に創立された唯物論研究会の機関誌。同年11月創刊。…

※「唯物論研究会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

唯物論研究会の関連キーワード三枝博音戸坂潤鎌倉アカデミア三枝の礼服部タバコ岡邦雄鳥井博郎野崎茂唯物論研究志戸坂峠越

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

唯物論研究会の関連情報