相当官吏(読み)そうとうかんり

大辞林 第三版の解説

そうとうかんり【相当官吏】

旧憲法で、官等は定められていないが、それぞれの地位に応じて、勅任官・奏任官・判任官と同じ待遇を国家から受けたもの。官・国幣社の神職、公立学校職員の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android