職権(読み)しょっけん

日本大百科全書(ニッポニカ)「職権」の解説

職権
しょっけん

国や地方公共団体等の機関がその職務を遂行するために、法令によって与えられている権限。その機関の設置を法的に根拠づける組織法と権限を授権する作用法によって判断され、その機関の行為が法的に有効と認められる範囲(事項的管轄、地域的管轄等)を意味する。法令上、その機関が他者(当事者、相手方、利害関係人等)の申請や申立てを待たずに、自らの判断である特定の行為を行う場合に用いられることが多い。なお、公務員がその職権を濫用した場合、刑法上、職権濫用罪に問われる。

[福家俊朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「職権」の解説

しょっ‐けん ショク‥【職権】

〘名〙 国や地方公共団体、あるいは公務員や法人などが、その地位や資格に基づいて一定の処分などを行なうことのできる権限。
※日本教育策(1874‐75頃)〈森有礼編〉合衆国教育概略「能く学務を弁理すべき職権を有する官吏を置て、以て学事を処弁せしむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android