コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相知る アイシル

デジタル大辞泉の解説

あい‐し・る〔あひ‐〕【相知る】

[動ラ五(四)]
互いに知る。知り合う。
「余と―・る頃より、余が借しつる書を読みならいて」〈鴎外舞姫
深い契りを結ぶ。言い交わす。
「在原なりける男の、まだいと若かりけるを、この女―・りたりけり」〈伊勢・六五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいしる【相知る】

( 動五[四] )
互いによく知る。知り合う。 「勘次と-・つたのは十六の秋である/土
言い交わす。愛し合う。 「御達なりける人を-・りたりける/伊勢 19

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

相知るの関連キーワード宮崎 郁雨ゴーゴリ五井蘭洲ブロック今井嘉幸樽井藤吉契り重頼御達

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相知るの関連情報