在原(読み)ありわら

精選版 日本国語大辞典「在原」の解説

ありわら ありはら【在原】

家名氏)の一つ。「尊卑分脈」によると、平城天皇の皇子阿保親王嫡子本主が、土師(はじ)、ついで大枝朝臣姓(のちに大江)を賜り、嫡子の本主以外の行平、守平、業平、仲平らと、平城天皇の皇子高岳親王の子である善淵、安貞も在原朝臣姓を賜ったことが知られる。業平の系譜以外は早く途絶え、業平のも、以後公卿になった者は知られず、「在原系図」では、業平の後、八代を経た見国までを知るのみである。

ありはら【在原】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android