相良家文書(読み)さがらけもんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)「相良家文書」の解説

相良家文書
さがらけもんじょ

鎌倉時代に肥後(ひご)国(熊本県)人吉荘(ひとよしのしょう)地頭(じとう)であり、江戸時代には人吉藩主であった相良家に伝わった古文書(こもんじょ)。現在は慶応義塾大学図書館の所蔵に帰し、1253通が一括して国の重要文化財に指定されている。鎌倉時代の荘園支配のあり方や中世武士団のあり方、また戦国大名のあり方などを分析するうえで豊富な内容をもっており、武家文書の代表的なものである。刊本『大日本古文書 家わけ5』(2冊)所収。

[服部英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android