人吉荘(読み)ひとよしのしょう

百科事典マイペディア「人吉荘」の解説

人吉荘【ひとよしのしょう】

肥後国球磨(くま)郡に所在した荘園で,在の熊本県人吉市一帯に比定される。1197年の球磨郡田数注文によれば,田数(公田数)600町,本所(ほんじょ)は蓮華王(れんげおう)院,領家は八条院,預所(あずかりどころ)は中原清業(きよなり)で,荘官は郡内の在地勢力人吉氏・須恵氏・久米氏などであった。1184年に源頼朝が平家没官領から除き平頼に安堵した〈球磨臼間野庄〉が前身と推測されている。また領家方が当荘成立後も球磨荘とよんでいることなどから,当荘成立以前に一郡的広がりをもった院領球磨荘があったものと推定される。1205年,遠江国の御家人相良(さがら)長頼が地頭となって勢力を張ったが,1244年に地頭職の中分がなされ,北方地頭職は北条(ほうじょう)氏のものとなった。同年の注進状によれば,1198年には本庄と東郷からなり起請田352町余,1212年の検注では出田111町余であった。起請田と出田は領主に編成され,在家も70宇ほど存在した。また起請田には(つくだ)や各種除田が設定されていた。14世紀になると,領家への年貢納入状況が悪化し,南北朝期には本所・領家への所当・公事の納入はほとんど絶え,荘園としての実体は失われた。
→関連項目相良氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「人吉荘」の解説

人吉荘
ひとよしのしょう

肥後(ひご)国球磨(くま)郡(熊本県人吉市一帯)にあった中世荘園。本家蓮華王院(れんげおういん)、領家は八条院暲子(はちじょういんしょうし)で、その死後は平光盛(平頼盛(よりもり)の子)に伝領された。また平家没官領(へいけもっかんりょう)であり、1205年(元久2)相良長頼(さがらながより)が地頭(じとう)に補任(ぶにん)されたが、1244年(寛元2)中分(ちゅうぶん)されて北方半分が得宗(とくそう)領となった。面積は寛元(かんげん)(1243~47)のころで485町である。人吉荘に関する古文書は、相良家文書(もんじょ)、願成寺(がんじょうじ)文書、久我(こが)家文書など多くあり、中世史研究のうえでも在家(ざいけ)、惣領(そうりょう)制、検注(けんちゅう)、新田開発の問題などに関して多くの論文が発表されている。荘内には青井阿蘇(あおいあそ)神社社殿、人吉城跡、願成寺阿弥陀如来(あみだにょらい)像、同七重石塔、大信寺地蔵菩薩(ぼさつ)像などの文化財が残されている。

[服部英雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「人吉荘」の解説

ひとよしのしょう【人吉荘】

肥後国球磨郡内(現,熊本県人吉市域)に存在した荘園。本荘と東郷よりなり,1197年(建久8)の球磨郡田数注文(図田帳)によると,田数600町(公田数),本家は蓮華王院(れんげおういん),領家八条院,預所(あずかりどころ)中原清業(きよなり)で,人吉次郎,須恵小太郎,久米三郎など球磨郡各地の在地勢力が荘官となっていた。清業は八条院庁家司であった池大納言平頼盛の郎従であり,のち頼盛の嫡子光盛(円性)が当荘を領知していることからみて,1184年(元暦1)4月源頼朝が没官領から除き頼盛に安堵した〈球磨臼間野荘〉は当荘の前身とみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の人吉荘の言及

【相良氏】より

…遠江出身の中・近世武家。鎌倉時代,肥後国人吉荘等の地頭となる。近世には人吉藩主。…

※「人吉荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android