コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

省力投資 しょうりょくとうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

省力投資
しょうりょくとうし

人手を省いて労働力を節約した操業ができるようにするための設備投資のこと。労働力の不足が一般経済情勢として進展するにつれて労賃コストが高くなるので,これを節約することが操業計画上も,採算やコスト管理上も必要になるため,急速に注目されはじめた。いわゆる機械化一般が省力化の効果をもってはいるが,特にそのねらいの強いものをさしていう。商品や原材料の輸送にコンベヤを活用するとか,商品販売に自動販売機を用いるとか,製品の包装,袋詰めなどを人手によらず自動化するなどがその例。事務部門,管理部門の機械化についても省力投資が推進されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうりょくとうし【省力投資】

機械の導入など、労働力を節約するための投資。省力化投資。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

省力投資の関連キーワード省力産業導入

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

省力投資の関連情報