省線電車(読み)しょうせんでんしゃ

精選版 日本国語大辞典の解説

しょうせん‐でんしゃ シャウセン‥【省線電車】

〘名〙 もと鉄道省・運輸省の管理に属した電車およびその路線の通称。省線
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉政府の恐露病と日露戦争「山の手の省線電車もまだ無かった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の省線電車の言及

【国電】より

…東京,大阪の二大都市圏に集中的に車両が配属され,運転される線路も中・長距離列車とは分離され,国電の運転区間を特に国電区間,電車区間等と称していた。国電は鉄道院時代は院線電車,鉄道省時代には省線電車とも呼ばれた。国鉄の分割・民営化にあたり,国電に代わる名称としてJR東日本ではE電という呼名を採用したが,一般には普及していない。…

※「省線電車」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android