コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看々踊 かんかんおどり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

看々踊
かんかんおどり

唐人(とうじん)踊ともいい、中国の清楽(しんがく)の「看々兮(かんかんえー)」と歌い始める『九連環(きゅうれんかん)』から出たものという。江戸時代、まず長崎で唐人によって行われて流行した。1820年(文政3)4月、大坂・堀江の荒木座で、清国人の扮装(ふんそう)で鉄鼓(てっこ)、胡弓(こきゅう)、蛇皮線(じゃびせん)、太鼓の囃子(はやし)にあわせて「かんかんのうきうのれんす、きうはきうれんす」と歌いながら踊る興行が大当りをとった。この踊りの次に大蛇の作り物を使って蛇(じゃ)踊りをする所もあった。看々踊の興行は江戸でもたびたび行われ、辻(つじ)商人や飴(あめ)売りなどが唐人の扮装をし、子供に至るまでまねて歌い歩くほど大流行した。江戸では1822年(文政5)2月に禁止令が出たが実行されなかったらしく、明治時代まで続いた。[渡辺伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

看々踊の関連キーワードかんかんのうらくだ看看兮唐人

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android