コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県次任 あがた つぎとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県次任 あがた-つぎとう

?-? 平安時代後期の武人。
後三年の役(1083-87)に源義家にしたがう。清原家衡(いえひら)を金沢柵に包囲。家衡が身をやつしのがれようとするのを討ちとり,義家から賞された。通称は小次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

県次任の関連キーワード富士山清原真衡清原家衡金沢柵前九年・後三年の役銅(データノート)平泉後三年の役曽鞏鳥取地震

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android