コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金沢柵 かねざわのさく

5件 の用語解説(金沢柵の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

かねざわのさく【金沢柵】

秋田県横手市金沢にあった古代の城柵。清原氏の居城で、後三年の役(1083~87年)の激戦地となった古戦場である。金沢柵のあった場所には古くから、蝦夷のチャシ(城砦)があったとされるが、前九年の役(1051~62年)での安倍氏討伐の功績から鎮守府将軍に任じられ、安倍氏に代わって奥羽・出羽2国随一の大勢力となった当主の清原武則(たけのり)が居城として整備したといわれる。その後、清原氏の内部対立(清原真衡(さねひら)と清衡(きよひら)の対立)をきっかけに後三年の役(1083~87年)が起こり、再び源義家(みなもとのよしいえ)(陸奥守)の介入を招いた。義家の調停により、両者の対立は解決したかに見えたが抗争は再燃、清原清衡・源義家と清原真衡の戦いとなった。清衡と義家の連合軍は沼柵(ぬまのさく)(横手市)の真衡を攻撃したが、冬季戦の用意が不十分だったため敗走した。その後、真衡は難攻不落といわれていた金沢柵に拠点を移し、清原武貞の弟の清原武衡とともに籠もった。連合軍は1087年(寛治1)、再びこれを攻めたが落城させることはできず、柵を包囲して兵糧攻めを行った。その結果、食糧の尽きた真衡と武衡は金沢柵に自ら火を放って敗走。武衡、真衡が捕らえられて、同年12月には乱は終息した。この戦いの後、清原清衡は、実父(藤原経清)の姓に戻し、栄華を極めた奥州藤原氏3代の初代となった。この金沢柵のあった場所については諸説あるが、同市の八幡山にあったとする説もその一つ。現在、その比定地が金沢公園(史跡公園)となっている。公園内には塹壕や柱などの城郭の遺構が残っており、これが金沢柵のものとされている。現在、金沢八幡神社がある場所が二の丸とされ、その右側の高台が本丸跡、神社の後ろにある相撲場は北の丸跡、神社を一段下がった平場(現在の駐車場の隣)が金沢柵の兵具倉跡とされている。なお、公園内には横手市が運営する後三年の役金沢資料館がある。JR奥羽本線横手駅からバス約20分。◇「かねさわのき」、孔雀(くじゃく)城、金洗(かねあらい)城とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金沢柵【かなざわのさく】

金沢柵(かねざわのさく)

金沢柵【かねざわのさく】

古代,出羽(でわ)国の清原氏の居城。秋田県横手市金沢の南部丘陵にあった。孔雀(くじゃく)城・金洗(かねあらい)城ともいう。前身は蝦夷のチャシ(砦)とみられ,前九年の役頃に清原武則の居城として整備されたと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かねざわのさく【金沢柵】

秋田県横手市金沢にあった城柵じようさく。後三年の役の際、清原氏がこれに拠り、源義家に滅ぼされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金沢柵
かねさわのき

秋田県横手市金沢にあった平安時代の城柵(じょうさく)。清原(きよはら)氏の本拠地で、後三年の役(1083~87)の決戦場となる。1086年(応徳3)源義家(よしいえ)が清原家衡(いえひら)を沼柵(ぬまのき)に攻め大雪で撤退すると、家衡の叔父武衡(たけひら)も家衡に加担し、さらに金沢柵に拠(よ)った。1087年(寛治1)義家は糧道を断ってこれを落とし、戦役を終わらせた。義家が大江匡房(まさふさ)から兵法を学び、飛ぶ雁(かり)の列の乱れで伏兵を知り難を免れた話や、弟の新羅三郎(しんらさぶろう)(源義光(よしみつ))が官をなげうち都から救援に駆けつけた話、若武者鎌倉権五郎景正(ごんごろうかげまさ)が右の目を射られながらもその敵を射殺し、土足で顔を踏んで矢を抜こうとした三浦為次(ためつぐ)の無礼をとがめた話などはこの柵での戦いのことである。[庄司 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の金沢柵の言及

【後三年の役】より

…ここにおいて清衡は義家に援を請い,戦いは義家・清衡対家衡のそれに発展した。家衡ははじめ沼柵(現,秋田県雄物川町)によって戦い,いったん義家を撃退し,ついで叔父武衡のすすめに従って金沢柵(現,秋田県仙北郡仙南村,横手市)に移った。大雪と飢餓のため戦いは困難をきわめたが,義家の弟新羅三郎義光が官職をなげうって駆けつけるということもあって,87年11月義家らはようやく金沢柵をおとし,勝利を収めた。…

※「金沢柵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金沢柵の関連キーワード横手市秋田事件金沢の柵やきっピ横手やきそば千任丸仙南[村]秋田錦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone