コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源義家 みなもとのよしいえ

8件 の用語解説(源義家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源義家
みなもとのよしいえ

[生]長暦3(1039).河内
[没]嘉承1(1106).7.4.
平安時代後期の武将。父は頼義。母は平直方の娘。幼名,源太丸。八幡太郎と称した。父に従って前九年の役で功をあげ,康平6 (1063) 年従五位下出羽守に任じられた。のち陸奥守,鎮守府将軍となり,陸奥で清原氏一族の争いを鎮定した (→後三年の役 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐よしいえ〔‐よしいへ〕【源義家】

[1039~1106]平安後期の武将。頼義の長男。通称、八幡太郎。前九年の役で父を助けて安倍氏を討ち、のち、陸奥守兼鎮守府将軍となり、後三年の役を鎮定。東国における源氏勢力の基盤をつくった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

源義家【みなもとのよしいえ】

平安後期の武将。頼義の子。通称八幡(はちまん)太郎。前九年(ぜんくねん)の役に功をたて,1083年陸奥(むつ)守兼鎮守府(ちんじゅふ)将軍となった。後三年(ごさんねん)の役の鎮定後は,私財をもって将士をねぎらい東国に源氏の基礎を築いた。
→関連項目金沢柵鎌倉景政清原家衡清原武衡前九年・後三年の役新田氏藤原清衡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源義家 みなもとの-よしいえ

1039-1106 平安時代中期-後期の武人。
長暦(ちょうりゃく)3年生まれ。源頼義(よりよし)の長男。前九年の役で父とともに活躍。のち陸奥守(むつのかみ)兼鎮守府将軍となり,後三年の役で清原氏の内紛を鎮圧,東国に源氏の基盤をきずいた。天下第一の武勇の士とされ,衣川の合戦での歌のやりとり,雁(かり)の列の乱れに伏兵をみやぶるなど伝説がおおい。嘉承(かじょう)元年7月4日死去。68歳。通称は八幡太郎。
【格言など】吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな(「千載和歌集」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源義家

没年:嘉承1.7(1106)
生年:長暦3(1039)
平安後期の武将。源頼義と平直方の娘の子。石清水八幡宮で元服し八幡太郎と号す。永承6(1051)年に勃発した前九年の役に父に従って参戦,天喜5(1057)年の黄海の戦の大敗で頼義以下主従7騎が敵200騎に包囲された際,義家の抜群の騎射によって危地を脱したという。康平5(1062)年,同乱平定,功により従五位下出羽守となる。同7年には美濃国の郎従を攻撃した源国房と合戦。次いで延久2(1070)年に陸奥で反乱を起こした藤原基通を,承暦3(1079)年には美濃で私戦を惹起した源重宗を追討,永保1(1081)年には白河天皇の賀茂・春日などへの行幸に際して,園城寺悪僧の防御に当たる。同3年,陸奥守に就任,豪族清原氏の内紛である後三年の役に介入。義家の調停に反抗した清原家衡,武衡らを討ち清衡を助けたが,朝廷の停戦命令を無視し,砂金など官物の納入も怠ったため,合戦は私戦とみなされて恩賞もなかった。以後,摂関家に近侍した弟義綱と対立,寛治5(1091)年には河内における郎等相互の抗争から両者は京で合戦を構えた。合戦は未遂だったが,義家のみ諸国からの荘園寄進を禁止される。 承徳2(1098)年,白河法皇の意向によって陸奥守の功過が定められ,同年には院の昇殿を許され院の側近となり,長治1(1104)年に延暦寺悪僧を追討するなどの活躍をした。反面,康和3(1101)年に嫡男義親が九州で濫行し,翌年には隠岐に配流され,嘉承1(1106)年にも3男義国と弟義光らが東国で合戦し,朝廷から召喚を命ぜられるなど,一族の不祥事が相次ぎ苦境に陥る。その最中に死去。権中納言藤原宗忠はその死を悼んで「誠に大将軍に足る」と評したが,のちに「武士の長者として多く罪無き人を殺す」と非難も記している。義家は武家棟梁として大きく評価されるが,その武力には畿内周辺を基盤とする軍事貴族層が目立ち,諸国の武士の統率者という理解には疑問もある。また後三年の役以降の不遇も,ことさら公家の抑圧とみることはできない。<参考文献>安田元久『源義家』,元木泰雄「十一世紀末期の河内源氏」(『後期摂関時代史の研究』)

(元木泰雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのよしいえ【源義家】

1039‐1106(長暦3‐嘉承1)
平安後期の武将。源頼義の長男。母は上野介平直方の娘。石清水(いわしみず)八幡宮で元服し〈八幡太郎〉と号した。前九年の役に父に従って参戦,勲功により1063年(康平6)従五位下出羽守となり,やがて下野守に転任した。70年(延久2)には陸奥で藤原基通を追捕(ついぶ),その後京に戻り,主家藤原摂関家の警衛や京中の治安維持の任に当たった。このころ〈武勇の輩(ともがら)〉といえばほとんど源氏,とくに義家一党を指すほどに源氏の武力は成長していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのよしいえ【源義家】

1039~1106) 平安後期の武将。頼義の長男、義光の兄。八幡太郎と号す。前九年の役に活躍して出羽守となり、ついで陸奥守兼鎮守府将軍となった。後三年の役を鎮定し、東国武士の信望を集め、東国における源氏の勢力の基礎を築いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源義家
みなもとのよしいえ
(1039―1106)

平安後期の武将。河内(かわち)源氏の嫡流で頼義(よりよし)の長子。母は上野介(こうずけのすけ)平直方(なおかた)の女(むすめ)。7歳の春、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の宝前で元服し、「八幡太郎(はちまんたろう)」と号した。前九年の役に、父頼義に従って出陣し、安倍頼時(あべのよりとき)・貞任(さだとう)父子と戦い、1062年(康平5)貞任を衣川関(ころもがわのせき)(岩手県)で破り、ついで厨川柵(くりやがわのき)で滅ぼし、その功によって従(じゅ)五位下出羽守(でわのかみ)に任ぜられた。
 この前九年の役における奮戦によって、一躍、武勇の名を天下に広め、『陸奥話記(むつわき)』などにその合戦のようすが描かれるに至る。検非違使(けびいし)や左衛門尉(さえもんのじょう)として僧兵の嗷訴(ごうそ)の鎮圧などに活動するとともに、下野(しもつけ)、相模(さがみ)、武蔵(むさし)、河内などの国司を歴任し、83年(永保3)陸奥守(むつのかみ)兼鎮守府将軍になった。そのとき、奥羽の豪族清原(きよはら)氏に内紛が起こり、清原真衡(さねひら)と同家衡(いえひら)・藤原清衡(きよひら)とが抗戦状態になった。義家は真衡を援助してこの内紛に介入し、真衡の死後、家衡と清衡が対立すると、86年(応徳3)清衡を助けて自ら数千騎を率いて家衡を攻撃した。義家は、家衡の激しい抵抗と飢寒のために苦戦したが、ついに87年(寛治1)金沢柵(秋田県)を攻略して家衡を討った。これが後三年の役である。
 この戦いにあたって、義家は清原氏追討の官符を朝廷に求めたが、朝廷は義家による奥州征覇の私戦とみなして、追討の官符も恩賞も与えなかった。そのため義家は自らの私財をもって麾下(きか)の将兵の功に報いた、と『奥州後三年記』は伝えている。
 こうした義家の行為と奮戦の武勇によって武士の信望を集め、東国における源氏の勢力は著しく進展した。やがて、諸国の武士や百姓のなかで義家に荘園(しょうえん)を寄進する者も多くなり、義家は「天下第一武勇之士」などと称され、白河(しらかわ)院政を支える軍事力の中核となって活動し、98年(承徳2)には院の昇殿を許されるまでになった。しかし一方で、院や貴族は、義家の勢力が急激に増大するのに警戒心を強め始め、91年(寛治5)義家の郎党と弟義綱(よしつな)の郎党との所領争いから義家と義綱の戦闘が惹起(じゃっき)されようとすると、朝廷は義家の入京を制止し、諸国の百姓が義家に荘園を寄進するのを禁じる宣旨(せんじ)を出した。その後も、朝廷はできるだけ義家の勢力が拡大するのを抑えて、弟義綱や平正盛(まさもり)を重用する方針をとった。このため1106年(嘉承1)7月、義家が没すると一族内部に深刻な後継者争いが生じて源氏の勢力が没落し始め、かわって平正盛・忠盛(ただもり)らの平氏が台頭してくるのである。[田中文英]
『安田元久著『源義家』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の源義家の言及

【安倍貞任】より

…しかし62年に出羽国の清原氏が頼義軍に加わってからは,小松柵・衣川(ころもがわ)柵・鳥海柵と敗戦がつづき,同年9月17日,本拠の厨川柵(岩手県盛岡市)において敗死した。源義家が〈衣のたてはほころびにけり〉とうたいかけ,貞任が〈年をへし糸のみだれのくるしさに〉とこたえたという故事は,衣川柵脱出のときのことという。享年は44歳ともいう。…

【大江匡房】より

…その多忙な官人生活の中で〈忙しきはやや閑あるにしかず〉という詩序を書いて,隠逸風雅の生活に思いをはせていた。前九年の役後,復命する源義家を〈器量はよき武士の,合戦の道を知らぬよ〉と評して,その兵法の師となった逸話は有名である。政治家としては故実先例を重んじ,儒教主義的な面をもつが,生活者としては老荘的な一面を示している。…

【兜町】より

…兜塚(現在の兜神社内)の由来については次のような話が伝えられている。1050年(永承5)ころ,源義家は前九年の役に大軍をひきいて奥州に向かう途中,このあたりで暴風雨に見舞われ,鎧(よろい)1領をとって海中に投じ,竜神に手向けて難をのがれた(これにちなみ,この所を鎧ヶ淵と呼ぶようになったという)。義家は奥州征伐凱陣のとき,先の報賽(ほうさい)のため,また東夷鎮護のためとして,自らの兜を埋めて塚を築いた(のちに里人が義家の霊を鎮める祠を建て,これが兜神社になったと伝えられている)。…

【後三年の役】より

…1083年(永保3)から87年(寛治1)まで,陸奥守源義家と清原一族の間で戦われた乱。清原氏ははじめ出羽国仙北3郡の豪族であったが,前九年の役のあとで安倍氏の旧領の奥6郡をあわせて,奥羽最大の勢力になった。…

【清和源氏】より

…清和天皇の皇子・皇孫である賜姓源氏とその子孫。そのうちで最も栄え,清和源氏の代表的存在と見られたのは,第6皇子貞純親王の皇子経基王の系統である。
[経基王系の発展]
 経基王は武蔵介として平将門の乱の鎮定に努力し,961年(応和1)に源姓を与えられた。その子満仲は摂津守となり,また摂津国多田地方(現,兵庫県川西市)に開発領主として土着し,多田荘を経営して多田院を創立した。なおこの満仲と経基との関係には若干の疑問も残されているが,《尊卑分脈》の系図にしたがって父子関係を認めるのが現在の定説である。…

【勿来関】より

…《枕草子》の〈関は〉の段にも名がみえる。源義家の〈吹く風をなこその関と思へども道も狭(せ)に散る山桜花〉(《千載集》巻二)は,後三年の役の際,この地での詠歌と伝えられて有名。【大沢 正敏】。…

【難太平記】より

…内容は,今川氏の出自,今川氏の先祖の事跡,特に鎌倉幕府の滅亡から南北朝動乱期における今川氏一族の活躍,今川氏の守護職や所領の由来,将軍足利義満に対して謀反を図る鎌倉公方(くぼう)足利満兼や大内義弘と了俊の関係などが書かれている。なかでも〈7代の孫に生まれかわって天下を取る〉という源義家の置文(おきぶみ)が足利氏に伝わり,7代目の足利家時は事が成就しないため〈3代のうちに天下を取らせたまえ〉という置文を書き残して切腹したこと,そして,天下を取ったのはこの発願によったと足利尊氏・直義(ただよし)兄弟が言ったという逸話が有名である。《群書類従》所収。…

【源義綱】より

…平安後期の武将。源頼義の次男,源義家の弟。母は義家と同じ上野介平直方の娘。…

※「源義家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源義家の関連キーワード平直方源義光安倍則任藤原実行藤原領子源義綱源頼兼源頼隆和気時長和田義茂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

源義家の関連情報