コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県犬養吉男 あがたのいぬかいの よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県犬養吉男 あがたのいぬかいの-よしお

?-? 奈良時代の官吏。
県犬養持男の兄か。内舎人(うどねり),肥前守をへて天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)伊予介となる。天平10年橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の宴でよんだ歌が「万葉集」巻8におさめられている。
【格言など】奈良山の峯の黄葉(もみちば)取れば散る時雨(しぐれ)の雨し間(ま)無く降るらし(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例