コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真中古 マチュウコ

大辞林 第三版の解説

まちゅうこ【真中古】

文永年間(1264~1275)、二世加藤藤四郎の製した瀬戸焼。多くは茶入れで、釉うわぐすりは普通柿黒、口造りが華奢きやしやで糸切りの荒いのが特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真中古の関連キーワード加藤基通瀬戸焼茶入国焼