コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古瀬戸 こせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古瀬戸
こせと

鎌倉・室町時代に愛知県瀬戸地方を中心として焼かれた陶器 (→瀬戸焼 ) 。表面を鉄釉を基調とした黄褐色黄緑色の釉 (うわぐすり) でおおっている。釉下に草花文や幾何文を刻線や印文で表わしたり,また張付文様で飾ったものもある。加藤四郎左衛門景正が中国の青磁にならって創始したといわれる。器形は初期の頃は水瓶,仏花器,香炉,茶碗など社寺用品であったが,次第に日常雑器が焼かれるようになり,鎌倉・室町時代における代表的な施釉陶器となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐せと【古瀬戸】

瀬戸焼のうち、鎌倉・室町時代に焼かれたもの。釉(うわぐすり)は灰釉(かいゆう)・飴釉(あめゆう)を用いた。
茶道で、鎌倉時代の初代藤四郎(加藤景正(かとうかげまさ))作と称する茶入れ・茶壺の類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

古瀬戸【こせと】

瀬戸で鎌倉〜室町期に焼かれた陶器。型押し,線刻,はり付けによって文様を施し,黒釉(こくゆう)または黄釉をかけて高火度で処理したもの。瓶子(へいし),水注,四耳壺,仏花器,香炉などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こせと【古瀬戸】

愛知県の瀬戸で鎌倉末期から室町末期頃まで焼かれた陶器。釉うわぐすりは、灰釉はいぐすりか飴釉あめぐすりが用いられている。 → 古瀬戸ふるせと

ふるせと【古瀬戸】

尾張国瀬戸の初代藤四郎作の陶器、および同種の黒い天目釉てんもくゆうの陶器の称。大瀬戸と小瀬戸がある。 → 古瀬戸こせと

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古瀬戸
こせと

中世から近世初頭までの瀬戸焼の製品を俗に「古瀬戸」と称している。瀬戸焼は鎌倉時代を迎えた13世紀に入って、愛知県の猿投窯(さなげよう)の延長上に発展して開窯した窯であり、瀬戸盆地一帯に古窯址(こようし)が密集している。輸入された中国陶磁の模倣を基本にして、中世にあっては唯一の施釉(せゆう)した高級器皿を焼く窯として焼造活動を行い、全国に製品を販売した。釉は灰釉(かいゆう)を基調とし、鉄を加えた黒褐釉を14世紀初頭に開発した。[矢部良明]
『井上喜久男著『名宝日本の美術12 古瀬戸と古備前』(1981・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の古瀬戸の言及

【瀬戸焼】より

…古代,中世の瀬戸窯は東西11km,南北10kmの範囲に白瓷(しらし)窯9基,施釉陶窯201基,無釉の白瓷系陶器窯238基の存在が知られている(瓷器(しき))。古瀬戸(こせと)の発生については,1223年(貞応2)道元に随って入宋し陶法を修めた加藤景正(藤四郎)が帰国後,42年(仁治3)に瀬戸で窯を興したとする藤四郎伝説が流布しているが,その根拠は不明である。考古学的には,猿投(さなげ)窯の外延として11世紀に始まった瀬戸市南部の白瓷生産が12世紀に入って衰退し,無釉の白瓷系陶器(山茶碗)生産に転化し,12世紀末ごろ菱野地区で四耳壺,瓶子(へいし)などの施釉陶器を焼き始めたのが狭義の古瀬戸の始まりである。…

※「古瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

古瀬戸の関連キーワード灰釉(はいぐすり)新安沖海底沈没船小長曽陶器窯跡吾妻山遺跡群長谷川宗仁別所吉兵衛加藤唐九郎大山廃寺跡館(たて)岡部 嶺男香取神宮新安遺物平沢九朗古瀬戸内東勝寺跡中興名物加藤基通金華山手鈴木八郎黄瀬戸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古瀬戸の関連情報