コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿色 かきいろ

色名がわかる辞典の解説

かきいろ【柿色】

色名の一つ。照てりがきともいう。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、やや赤みの強いだいだいのこと。カキノキ科カキの熟した実の色をさす比較的新しい色名。JRの朱色に塗られた車両を鉄道ファンは柿色と呼ぶことがある。また、柿渋かきしぶで染めた色を古くは柿色といったが、そちらは茶色に近く、現代では柿渋色ということが多い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かき‐いろ【柿色】

柿の実の色に似た、黄色を帯びた赤い色。
柿の渋で染めた色。赤茶色。
弁柄(べんがら)に少し墨を入れた暗褐色の染め色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かきいろ【柿色】

柿の実の色に似た黄赤色。
柿の渋の色に似た赤茶色。柿渋色。
ベンガラに少し黒を入れた暗褐色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柿色の関連キーワードヒョウモンチョウ(豹紋蝶)川本治兵衛(初代)帯山与兵衛(初代)カキラン(柿蘭)柿染め・柿染オーモンデー団七九郎兵衛土佐七色紙団十郎茶天目茶碗ベンガラカボチャかきたん萌葱色柿暖簾柿の衣洗い柿薄柿色兜羅綿柿色紙

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柿色の関連情報