柿色(読み)かきいろ

色名がわかる辞典「柿色」の解説

かきいろ【柿色】

色名の一つ。照柿てりがきともいう。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、やや赤みの強いだいだいのこと。カキノキ科カキの熟したの色をさす比較的新しい色名。JR朱色に塗られた車両を鉄道ファンは色と呼ぶことがある。また、かきしぶで染めた色を古くは柿色といったが、そちらは茶色に近く、現代では柿渋色ということが多い。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「柿色」の解説

かき‐いろ【柿色】

〘名〙 染色の名。柿の実の皮の色。赤黄色。また、柿の渋の色に似た赤茶色。あるいは、弁柄(べんがら)に少し黒を入れた暗褐色。かき。
※多聞院日記‐天文一〇年(1541)一一月二六日「笛吹はかき色に染めて形とらす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android