真喜志康忠(読み)まきし こうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真喜志康忠 まきし-こうちゅう

1923-2011 昭和-平成時代の俳優。
大正12年8月15日生まれ。10歳で真境名由康(まじきな-ゆうこう)の珊瑚(さんご)座にはいり,喜歌劇「夜半参」で初舞台。戦後ときわ座を結成して座長となり,沖縄芝居の復活につくす。また昭和45年琉舞道場を開設,古典楽劇組踊にとりくんだ。61年重要無形文化財(総合指定)「組踊」技能保持者。平成23年12月16日死去。88歳。沖縄県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android