コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真喜志康忠 まきし こうちゅう

1件 の用語解説(真喜志康忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真喜志康忠 まきし-こうちゅう

1923-2011 昭和-平成時代の俳優。
大正12年8月15日生まれ。10歳で真境名由康(まじきな-ゆうこう)の珊瑚(さんご)座にはいり,喜歌劇「夜半参」で初舞台。戦後ときわ座を結成して座長となり,沖縄芝居の復活につくす。また昭和45年琉舞道場を開設,古典楽劇組踊にとりくんだ。61年重要無形文化財(総合指定)「組踊」技能保持者。平成23年12月16日死去。88歳。沖縄県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真喜志康忠の関連キーワード小林桂樹稲葉義男鳳啓助金子信雄北村和夫高原駿雄田中邦衛波多野爽波船越英二森塚敏

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真喜志康忠の関連情報