真境名 佳子(読み)マジキナ ヨシコ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「真境名 佳子」の解説

真境名 佳子
マジキナ ヨシコ


職業
琉球舞踊家

肩書
真踊流家元,真境名佳子琉舞道場主宰,沖縄伝統舞踊保存会名誉会長

資格
沖縄県指定文化財伝統舞踊技能保存者〔昭和47年〕

旧名・旧姓
金城

生年月日
大正8年 9月26日

出生地
沖縄県 那覇市

学歴
沖縄県立第一高女〔昭和10年〕卒

経歴
父は古典音楽野村流師範の金城幸正。昭和10年沖縄県立第一高女を卒業後、琉球王朝の「御冠船踊」の継承者である玉城盛重に師事。古典舞踊を本格的に学び、難しい古典女踊りの「伊野波節」を4年がかりで完全に修得した。戦後、沖縄戦で亡くなった師匠の後を継ぎ、22年琉舞研究所を設立。「パーランクー」「与那国旅情」「小浜節」「ニーセーター」などの創作舞踊も手がけた。39年には東京五輪芸能祭に沖縄代表として参加、42年沖縄タイムス芸術選賞古典舞踊大賞を受賞。43年真踊流を創設。また国立劇場、三越名人会などにも出演。47年県の伝統舞踊技能保存者に認定された。平成5年沖縄伝統舞踊保存協会会長、17年名誉会長。古典女踊りの双璧「伊野波節」「諸屯」を得意とし、特に「諸屯」は“佳子の諸屯”と呼ばれるほどの定評があった。

所属団体
沖縄芸能協会,沖縄伝統舞踊保存協会(名誉会長)

受賞
紫綬褒章〔昭和58年〕,勲四等宝冠章〔平成3年〕 芸術祭賞奨励賞〔昭和30年〕,沖縄タイムス芸術祭奨励賞〔昭和34年・38年〕「小浜節」「久高島物語」,沖縄タイムス芸術選賞古典舞踊大賞〔昭和42年〕,那覇市政功労賞〔平成1年〕,伝統文化ポーラ賞(特賞 第12回 平4年度),沖縄県文化功労賞〔平成4年〕

没年月日
平成17年 7月8日 (2005年)

家族
父=金城 幸正(古典音楽野村流師範)

親族
義父=真境名 由康(舞踊家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android