コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉城盛重 たまぐすく せいじゅう

2件 の用語解説(玉城盛重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉城盛重 たまぐすく-せいじゅう

1868-1945 明治-昭和時代前期の舞踊家。
尚泰王21年3月1日生まれ。12歳で那覇(なは)の芝居小屋にはいり,37歳ごろまで仲毛(なかもう)芝居の役者をつとめ,「むんじゅる」「浜千鳥(ちじゆうやー)」などの雑踊(ぞうおどり)をつくる。のち御冠船踊(おかんせんおどり)の継承者として後進を指導した。昭和20年沖縄戦で死去。78歳。琉球出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玉城盛重
たまぐすくせいじゅう
(1868―1945)

沖縄の舞踊家。首里金城(しゅりかなぐすく)に生まれる。12歳で明治初期の芝居の世界に入り、37歳で仲毛(なかもう)芝居を退き、沖縄戦で77歳で死去するまで、後進を指導し、沖縄の古典芸能を守り育てた。「琉球(りゅうきゅう)の団十郎」と評され、同じ仲毛出身の渡嘉敷守良(とかしきしゅりょう)(1880―1953)の女踊りに対し、男踊りの第一人者とされた。創作舞踊も多く、『むんじゅる』『浜千鳥(ちぢゅうやー)』『谷茶前(たんちゃめ)』など雑踊(ぞうおどり)の代表的なものはほとんど彼の手になる。1936年(昭和11)、折口信夫(おりくちしのぶ)を中心とする日本民俗協会主催の琉球古典芸能大会には座頭として参加した。[宜保栄治郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の玉城盛重の言及

【あやご】より

…八重山列島では〈アユ〉〈アユウ〉とも呼ばれ農耕祭儀や航海安全,新築祝などの祝儀の場でうたわれる。踊りとしては,沖縄の著名な舞踊家であり芝居役者であった玉城盛重(たまぐすくせいじゆう)が,1897年ころ仲毛(なかもう)芝居で沖縄の田舎の若者の習俗である毛(もう)(野)遊びを宮古民謡の《クイチャーアーグ》の曲にのせて芝居のフィナーレ用の踊りとして振りつけたもの。三味線の手事(てごと)に合わせて大勢の男女がおのおの1列になり舞台の下手から上手に向かって〈スリッ,スリッ〉のはやしことばと道行の動作で出て来た後,4列になったり,円形になったりしてにぎやかに踊る。…

【沖縄[県]】より

…現在も上演される《浜千鳥》《かなよう》《むんじゅる》《花風(はなふう)》《川平節(かびらぶし)》《金細工(かんぜいく)》などがそれで,これらは旧来の冠船踊に対して,雑踊(ぞうおどり)と総称された。当時,《むんじゅる》などを振り付けた玉城盛重は冠船踊にも熟達し,のちには踊師匠になって後継者養成に専念したので,近代沖縄芸能興隆の祖といわれる。新垣松含,渡嘉敷守良などの名優も輩出し,明治後期には3劇場に3座が鼎立して,歌の掛合で物語を運ぶ歌劇や,こっけい会話の狂言,歴史に取材した史劇などを次々に開拓し,沖縄芝居全盛期をつくりあげた。…

※「玉城盛重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉城盛重の関連キーワード藤井乙男池上清定石川平蔵吉川祐輝佐久間文吾四方竜文(7代)仁井田益太郎原煕矢川ミキ矢川れん

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone