コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金城

6件 の用語解説(金城の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金城

清代の政治家・美術家。浙江省生。名は紹城、字は鞏伯、号は北樓・藕湖。幼少より画・書・篆刻・古文辞を能くする。英国に留学し法律を学ぶ。帰国後法制・美術を研究。民国成立後、衆議院議員・国務院秘書となり、古物陳列所設立を計った。明治43年中日絵画聯合展覧会を計画、偕同陳師会の諸画家が来日し、友交を深めた。帰国後、上海で歿する。民国15年(昭和元)歿、49才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐じょう〔‐ジヤウ〕【金城】

《金でつくった城の意》守りの堅固な城。
《天守閣の屋上に金のしゃちほこがあるところから》名古屋城の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんじょう【金城】

〔金でつくった城の意〕 守りの固い城。堅固な城。
〔天守閣の屋上に黄金の鯱しやちほこがあることから〕 名古屋城の別名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の城がわかる事典の解説

きんじょう【金城】

名古屋城(なごやじょう)

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金城
かなぎ

島根県西部,浜田市南部の旧町域。南は広島県に接する。 1956年雲城村,今福村,波佐村の3村が合体して金城村となり,1969年町制。 2005年浜田市,町,弥栄村,三隅町の4市町村と合体して浜田市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金城
かなぎ

島根県西部、那賀(なか)郡にあった旧町名(金城町(ちょう))。現在は浜田市の中部東寄りを占める地域。周布(すふ)川上流域および江の川(ごうのかわ)支流域の山村である。1956年(昭和31)波佐(はざ)、雲城(くもぎ)、今福の3村が合併して金城村が成立し、1969年町制施行。2005年(平成17)浜田市と合併、浜田市金城町地区となる。浜田自動車道、国道186号が通じる。県内でも過疎化が著しい。近年、野菜栽培、畜産の振興や企業誘致が図られ、ゴルフ場も建設されている。美又(みまた)、湯屋、伊木の各温泉があり、大佐(おおさ)山、雲月(うんげつ)山は西中国山地国定公園の一部。波佐地区の紙漉(す)きなどの山村生産用具は国の重要有形民俗文化財で、浜田市金城民俗資料館に収蔵される。[野本晃史]
『『金城村明治百年史』(1969・金城町) ▽『金城町誌』全7巻(1996~2003・金城町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金城の関連キーワード王克三陳逸舟陳曼寿沈小霞馮仙湜方君瑞金冬心朱為弼浙江省張人傑

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金城の関連情報