真壁房幹(読み)まかべ ふさもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真壁房幹 まかべ-ふさもと

1569-1612 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)12年生まれ。佐竹義宣(よしのぶ)の臣。伯父真壁氏幹(うじもと)の養子となり,常陸(ひたち)(茨城県)真壁城主。慶長7年佐竹氏の秋田転封(てんぽう)にともない,角館(かくのだて)にうつった。慶長17年死去。44歳。通称は善九郎,右衛門佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

真壁房幹 (まかべふさもと)

生年月日:1569年5月4日
安土桃山時代;江戸時代前期の武将
1612年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android