コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角館 かくのだて

4件 の用語解説(角館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角館
かくのだて

秋田県東部,仙北市南部の旧町域。横手盆地北部,玉川と檜木内川の合流点に位置し,東は岩手県に接する。 1889年町制。 1955年中川村,雲沢村,白岩村の3村と合体。 2005年田沢湖町,西木村と合体して仙北市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かくのだて【角館】

秋田県仙北市の地名。旧町名。もと佐竹氏支藩蘆名氏の城下町で、屋敷町の景観が残る。樺(かば)細工を特産。→仙北(せんぼく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくのだて【角館】

秋田県仙北せんぼく市、横手盆地の北部の町名。近世、佐竹氏の所領。古い商家や武家屋敷を多く残す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角館
かくのだて

秋田県中央部、仙北郡にあった旧町名(角館町(まち))。現在は仙北市角館町で、市の南部を占める。旧角館町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)中川、白岩(しらいわ)、雲沢(くもさわ)の3村と合併。2005年(平成17)田沢湖町、西木村と合併して市制施行、仙北市となった。JR田沢湖線(秋田新幹線)、秋田内陸縦貫鉄道、国道46号、105号が通じる。横手盆地の北部、玉川と檜木内(ひのきない)川の合流点に位置する。中世は戸沢氏の所領であったが、1602年(慶長7)佐竹氏領となり、一族の蘆名義勝(あしなよしかつ)が配され、その後佐竹北家の所預(ところあずかり)となった。
 現在の町割は義勝の時代につくられ、旧藩時代の景観をよく残しており、表町、東勝楽(ひがしかつらく)町、裏町の区域は武家町として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。農業は米作中心で、野菜栽培や畜産も行う。藩政時代に下級武士の内職であった樺(かば)細工は、ヤマザクラの皮を利用する工芸品で、古くは印籠(いんろう)、文箱(ふばこ)、胴乱(どうらん)など、現在では茶筒、盆、ブローチなどをつくり、伝統的工芸品に指定され、年間売上げ額も大きい。シダレザクラ(国指定天然記念物)、檜木内川堤のソメイヨシノ(国指定名勝)がある。[宮崎禮次郎]
『『角館誌』11巻・別巻(1965~1985・角館町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

角館の関連キーワード太田〈町〉角館〈町〉仙南〈村〉千畑〈町〉仙北〈町〉秋田県仙北市田沢湖梅沢秋田県仙北市田沢湖岡崎秋田県仙北市田沢湖神代秋田県仙北市田沢湖田沢中仙〈町〉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角館の関連情報