コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角館 かくのだて

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角館
かくのだて

秋田県東部,仙北市南部の旧町域。横手盆地北部,玉川と檜木内川の合流点に位置し,東は岩手県に接する。1889年町制。1955年中川村,雲沢村,白岩村の 3村と合体。2005年田沢湖町,西木村と合体して仙北市となった。戦国時代末期は蘆名氏城下町近世には佐竹氏北家の城下町として発展。今日でも武家屋敷,古い商家が残り,「秋田の小京都」と呼ばれる。武家町の東勝楽丁(ひがしかつらくちょう),表町上丁(おもてまちかみちょう),表町下丁は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定。武家屋敷街のシダレザクラは国の天然記念物,檜木内川堤のサクラ並木は国の名勝に指定されている。木材,薪炭の集散地で,藩士の内職から発展したといわれるサクラの皮を使った工芸品は特産。玉川の抱返り渓谷は景勝地で,田沢湖とともに,田沢湖抱返り県立自然公園に指定。9月に行なわれる角館祭りのやま行事(→角館のお祭り)は国の重要無形民俗文化財に指定されており,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCOの世界無形遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かくのだて【角館】

秋田県仙北せんぼく市、横手盆地の北部の町名。近世、佐竹氏の所領。古い商家や武家屋敷を多く残す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角館
かくのだて

秋田県中央部、仙北郡にあった旧町名(角館町(まち))。現在は仙北市角館町で、市の南部を占める。旧角館町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)中川、白岩(しらいわ)、雲沢(くもさわ)の3村と合併。2005年(平成17)田沢湖町、西木村と合併して市制施行、仙北市となった。JR田沢湖線(秋田新幹線)、秋田内陸縦貫鉄道、国道46号、105号が通じる。横手盆地の北部、玉川と檜木内(ひのきない)川の合流点に位置する。中世は戸沢氏の所領であったが、1602年(慶長7)佐竹氏領となり、一族の蘆名義勝(あしなよしかつ)が配され、その後佐竹北家の所預(ところあずかり)となった。
 現在の町割は義勝の時代につくられ、旧藩時代の景観をよく残しており、表町、東勝楽(ひがしかつらく)町、裏町の区域は武家町として国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。農業は米作中心で、野菜栽培や畜産も行う。藩政時代に下級武士の内職であった樺(かば)細工は、ヤマザクラの皮を利用する工芸品で、古くは印籠(いんろう)、文箱(ふばこ)、胴乱(どうらん)など、現在では茶筒、盆、ブローチなどをつくり、伝統的工芸品に指定され、年間売上げ額も大きい。シダレザクラ(国指定天然記念物)、檜木内川堤のソメイヨシノ(国指定名勝)がある。[宮崎禮次郎]
『『角館誌』11巻・別巻(1965~1985・角館町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

角館の関連キーワード秋田新幹線「こまち」殺人事件仙北市立角館町平福記念美術館秋田県仙北市角館町表町下丁秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線秋田県仙北市角館町東勝楽丁秋田県仙北市角館町古城山小京都連続殺人事件角館武家屋敷資料館角館歴史村青柳家秋田内陸縦貫鉄道あきた美人ライン戊辰戦争と角館河原田 次重秋田県仙北市インスペック角館[町]小田野直武仙北[市]富木 友治小田野兎毛

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角館の関連情報