コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真如海 しんにょかい

2件 の用語解説(真如海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真如海 しんにょかい

1688-1783 江戸時代中期の行者。
元禄(げんろく)元年生まれ。出羽(でわ)田川郡(山形県)の人。あやまって武士を殺し,出羽湯殿山(山形県)の大日坊で行者となったという。天明元年から仙人沢で1000日の木食行(もくじきぎょう)をおこない,天明3年96歳で土中入定(にゅうじょう)。即身仏(ミイラ)となって大日坊に安置されている。俗姓は進藤。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

真如海

没年:天明3(1783)
生年:元禄1頃(1688)
江戸時代の出羽湯殿山の即身仏(即身成仏した行者のミイラ)。大日坊(山形県朝日村大網)に祀られる。農業・進藤仁左衛門の子として生まれ,青年時代に大日坊の一世行人となる。入門の動機は,肥桶を担いで野良を歩いているとき,武士とすれちがい,道をよけようとしたはずみに武士に肥をかけてしまった。怒った武士が刀を抜いて斬りかかってきたので,稲杭で応戦しているうちに殺してしまい,そのまま大日坊へ駆けこんだという話が伝えられている。しかしこの武士殺しは史実ではなく,実際にあった武士の無礼討ち事件をもとに批判的に作り出されたものらしい。天明1(1781)年から3年間,湯殿山奥の院近くの仙人沢で山籠修行ののち天明3(1783)年,96歳で大日坊の東2kmにある大日山で土中入定したという。この年,東北地方は歴史的な天明大飢饉に襲われた。<参考文献>内藤正敏『ミイラ信仰の研究』『修験道の精神宇宙』

(内藤正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真如海の関連キーワード即身成仏即身成仏義即身菩提忠海円明海弘智全海鉄門海鉄竜海本明海

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真如海の関連情報