コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真崎照郷 まさき てるさと

1件 の用語解説(真崎照郷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真崎照郷 まさき-てるさと

1852*-1927 明治時代の発明家。
嘉永(かえい)4年12月12日生まれ。明治8年真崎式とよばれる測量器械を発明。その後,十余年の研究のすえ綿繰り機械を応用して製麺(せいめん)機械を発明,21年専売特許をえた。また製粉機などの発明で49種の特許を取得。昭和2年3月9日死去。77歳。肥前佐賀郡出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真崎照郷の関連キーワード秋葉大助石井直治和泉要助大野正尾上茂樹斎藤藤助高林謙三藤田孫太郎水登勇太郎宮崎林三郎

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone