コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真正後生動物 しんせいこうせいどうぶつEumetazoa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真正後生動物
しんせいこうせいどうぶつ
Eumetazoa

後生動物のうち,刺胞動物以上の動物群をいう。細胞が規則的に配列して組織をなし,通常はさらに器官系(→器官)を備え,寄生生活によって退化した場合を除いて,口と消化管ももつ。(→側生動物中生動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の真正後生動物の言及

【動物】より

…後生動物は,原生動物の原始的なものから分かれ出たに違いないが,どのようなプロセスで多細胞の動物になったのか明らかでない。後生動物亜界には体制の異なった中生動物,側生動物,真正後生動物の3類がある。
[細胞が組織を形成せず,口や消化管がない動物]
 この範疇(はんちゆう)には,中生動物と海綿動物が含まれる。…

※「真正後生動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真正後生動物の関連キーワード間充織

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android