コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器官系 きかんけいorgan system

2件 の用語解説(器官系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

器官系
きかんけい
organ system

いくつかの器官が機能的に共通性をもち,共同して働く一連の機能的,形態的系統の総称。すなわち動物にみられる消化器官,循環器官,呼吸器官排泄器官生殖器官発光器官,皮膚,骨格,運動器官発音器官発電器官,神経系,感覚器官および内分泌器官などはそれぞれ器官系である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の器官系の言及

【器官】より

…ふつう器官は複数または複数種類のものが一定のパターンでつながって協調的に作用し,全体として個体の正常な生活を成り立たせる高次の機能を発現する。動物ではこうした器官の組合せを器官系organ systemと呼ぶ。犬歯はその他の歯や食道,胃,腸などの諸器官とともに一つの器官系をなす。…

※「器官系」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

器官系の関連情報