コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田幸弘 さなだ ゆきひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真田幸弘 さなだ-ゆきひろ

1740-1815 江戸時代中期-後期の大名。
元文5年1月21日生まれ。真田信安の長男。宝暦2年信濃(しなの)(長野県)松代(まつしろ)藩主真田家6代となる。恩田木工(もく)を起用して藩財政の改革につとめた。俳諧,書にすぐれた。文化12年8月3日死去。76歳。初名は幸豊。俳名は菊貫(きくつら)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

真田幸弘

没年:文化12.8.3(1815.9.5)
生年:元文5(1740)
江戸中期,信州松代藩第6代藩主。幼名を豊松,長じて幸豊,のち幸弘と改める。伊豆守を称す。5代藩主信安の子で松代に生まれる。当時,藩財政の極度の窮乏から藩政は混乱していたが,そのさなかの宝暦2(1752)年に藩主信安は死去し,幸弘は13歳の若さで藩主となった。同5年に従五位下伊豆守に叙任し,翌6年6月に初めて松代に入部し,恩田木工民親を抜擢して藩政改革を行った。天明3(1783)年には従四位下に。その後,寛政10(1798)年に隠居し,文化12(1815)年に76歳の長寿を全うして江戸南部坂の屋敷に没した。藩主としてあること47年,治政よく行われて松代藩中興の名君と称せられている。墓は松代長国寺。

(笠谷和比古)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

真田幸弘 (さなだゆきひろ)

生年月日:1740年1月21日
江戸時代中期;後期の大名
1815年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

真田幸弘の関連キーワード真田幸専真田菊貫鎌原桐山菊池南陽生年月日赤沢安輝恩田杢後期大名

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android