コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川団蔵 イチカワダンゾウ

デジタル大辞泉の解説

いちかわ‐だんぞう〔いちかはダンザウ〕【市川団蔵】

歌舞伎俳優。屋号、三河屋
(初世)[1684~1740]初世市川団十郎門弟で、荒事(あらごと)敵役(かたきやく)名優
(4世)[1745~1808]京都の人。3世の養子。早変わりで有名。
(7世)[1836~1911]6世の養子。7世団十郎の門弟。非凡な芸を持ち、明治を代表する名優の一人とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわだんぞう【市川団蔵】

歌舞伎俳優。(1)初世(1684‐1740∥貞享1‐元文5) 初名市川段之助。前名初世市川団之助。俳名市紅(江)。屋号三河屋。初世松本四郎三郎の子。初世市川団十郎門。1698年(元禄11)3月,団蔵と改名。上品で嫌味がなく,堅実な芸風の持主で,実事・荒事敵役に長じ,よく師の芸を継承した。(2)2世(?‐1740(元文5)) 初名市川市三郎。前名2世市川団三郎。初世の次男とも,また,初世の弟で,養子になったともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちかわだんぞう【市川団蔵】

(七世)(1836~1911) 明治時代、東京を中心に活躍した歌舞伎俳優。技芸は非凡で当時の名優「団・菊・左」に次ぐ者といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川団蔵
いちかわだんぞう

歌舞伎(かぶき)俳優。屋号三河屋(みかわや)。初世市川団十郎の門下で、荒事(あらごと)、敵役(かたきやく)を得意とした初世(1684―1740)から9世まで継承されるが、4世、5世、7世が有名。代々江戸風でも上方(かみがた)風でもない傍流の演出を歌舞伎史上に残した異能俳優の系譜をなす。[古井戸秀夫]

4世

(1745―1808)初世の養子である3世の門弟。のち3世の養子となり、1773年(安永2)襲名。江戸と大坂を往来して活躍し、当時の常識であった1年契約の方式をとらず、一興行ずつの魅力的な舞台を展開した。思い入れたっぷりの大時代な演技をみせる一方、立回りやとんぼ返り、早替りといった見た目本位の演出をし、江戸、大坂の本流にない旅芝居式の型を残した。[古井戸秀夫]

5世

(1788―1845)4世の養子。1819年(文政2)襲名。3世歌右衛門(うたえもん)とともに、大坂の役者として江戸でも活躍し、新演出を残した。はで好みの時代に、見物に背を向けて台詞(せりふ)をいうような渋がり屋で、「渋団(しぶだん)」とよばれた。[古井戸秀夫]

7世

(1836―1911)6世の養子。本名芦沢(あしざわ)銀蔵、8世団十郎の弟子だったが、市川九蔵(くぞう)を名のった青年時代、4世小団次(こだんじ)の薫陶(くんとう)を受ける。のち9世団十郎と不和になり、1887年(明治20)大劇場を追われ、小芝居に出勤したが、95年に和解して復帰、97年襲名。当り役に仁木弾正(にっきだんじょう)、武智(たけち)光秀、高師直(こうのもろなお)、佐倉宗吾(そうご)などがあり、いわゆる団蔵型を残す。[古井戸秀夫]

8世

(1882―1966)7世の次男。1943年(昭和18)襲名。中村吉右衛門(きちえもん)劇団の脇役(わきやく)を勤めたが、66年(昭和41)に引退興行を行い、同年四国巡礼のすえに入水(じゅすい)自殺した。[古井戸秀夫]

9世

(1951― )8世の孫銀之介が1987年(昭和62)に襲名。[古井戸秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

市川団蔵の関連キーワード語呂合わせ・語路合わせ・語呂合せ・語路合せ市川 鰕十郎(6代目)市川 荒五郎(3代目)市川 九蔵(5代目)音羽次郎三郎(2代)市川 団蔵(8代目)柏木 琴華(2代目)市川鰕十郎(六代目)古今亭志ん生(3代)市川鰕十郎(6代)市川鰕十郎(初代)市川荒五郎(3代)市川荒五郎(2代)市川荒五郎(初代)市川団之助(6代)市川団之助(3代)市川九蔵(3代)市川団蔵(2代)市川団蔵(8代)市川九蔵(2代)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android