コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真神原 マカミノハラ

世界大百科事典 第2版の解説

まかみがはら【真神原】

現在の奈良県明日香村飛鳥の中央部にあった原野をさす古代地名。《万葉集》に,〈大口の真神の原〉とうたわれているから,かつては真神すなわちオオカミのすむような原野と意識されていたらしい。《日本書紀》雄略7年条には,新漢陶部(いまきのあやのすえつくりべ),鞍部,画部,錦部を,桃原と真神原に住まわせたとみえる。真神原とは,飛鳥寺周辺の低湿地をさし,この地に,崇峻1年,飛鳥衣縫造の祖,樹葉(このは)の家を壊して,飛鳥寺の造営が始められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真神原の関連キーワード奈良県高市郡明日香村飛鳥浄御原宮因斯羅我昔麻帝弥あすか

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android