コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真脇(まわき)遺跡 まわきいせき

知恵蔵の解説

真脇(まわき)遺跡

石川県能登町の大規模な縄文時代真脇遺跡で2000年11月、約4500年前(縄文時代中期)の盛り土区画された立派な墓地と板を使った3基の墓が見つかった。二重の板敷き墓か、下に別の板を敷いた木棺らしく、当時の遺物では類例がない。うち40歳前後の男性人骨が残っていた1基には赤漆を樹皮に塗った首飾りらしい装身具(長さ約7.5cm)もあり、階層差がうかがえる遺構と注目されている。同遺跡からはこれまでに約6000年前(同前期)以降の環状木柱列や数百頭分のイルカ骨、トーテムポールのような彫刻木柱、編み物、人骨、住居跡などが出土、展示施設のほか04年4月には「体験村」もできた。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 今井邦彦 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

真脇(まわき)遺跡の関連キーワード石川県鳳珠郡能登町真脇石川県鳳珠郡能登町真脇遺跡縄文館チカモリ遺跡能都

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android