コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤漆 セキシツ

大辞林 第三版の解説

せきしつ【赤漆】

蘇芳すおうで木地を着色し漆を塗ったもの。奈良時代から平安初期に行われた、赤春慶あかしゆんけいのような手法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の赤漆の言及

【正倉院】より

…おもな遺品には金銀山水八卦背八角鏡,銀壺,銀薫炉,金銀花盤などがある。(2)漆工 漆に掃墨を入れた黒漆塗,蘇芳(すおう)で赤く染めた上に生漆を塗った赤漆(せきしつ),布裂を漆で塗りかためて成形した乾漆,皮を箱型に成形して漆でかためた漆皮(しつぴ),漆の上に金粉を蒔(ま)いて文様を表した末金鏤(まつきんる),金銀の薄板を文様に截(き)って胎の表面にはり,漆を塗ったあと文様を研いだり削ったりして出す平脱(へいだつ)(平文(ひようもん)),顔料で線描絵を施した密陀絵(みつだえ)などの技法が用いられた。遺品には漆胡瓶(しつこへい),金銀平脱皮箱,金銀平文琴,赤漆櫃,密陀絵盆などがある。…

※「赤漆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤漆の関連キーワード真脇(まわき)遺跡居徳(いとく)遺跡曙塗り・曙塗阿武山古墳古代人と赤縄文漆製品中臣鎌足奈良時代木地蝋塗鳥浜貝塚海老鞘巻赤具足漆工芸献物帳厨子赤船蝶番

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤漆の関連情報