コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真道黎明 しんどう れいめい

美術人名辞典の解説

真道黎明

日本画家。熊本県生。名は重彦。初め洋画家を志すが、日本画へ転向し日本美術院に参加する。堅山南風横山大観安田靫彦・小林古径らの指導を受け、のち院展同人に推挙された。中国・朝鮮に旅行して東洋美術に造詣を深める他、米国・欧州で個展を開催、神秘的イメージの漂う静謐な画風が高く評価されている。内閣総理大臣賞受賞。院展評議員。昭和53年(1978)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真道黎明 しんどう-れいめい

1897-1978 大正-昭和時代の日本画家。
明治30年5月21日生まれ。堅山南風に師事。大正6年院展で初入選。中国やインドなどを旅行し,古代世界を題材とした作品をおおくえがく。昭和50年院展で「柿右衛門大壺」が内閣総理大臣賞。昭和53年11月17日死去。81歳。熊本県出身。本名は重彦。作品に「雲崗霊巌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真道黎明の関連キーワード昭和時代日本画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android