コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋美恵子 まなべ みえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋美恵子 まなべ-みえこ

1906-1994 昭和-平成時代の歌人。
明治39年1月18日生まれ。昭和元年「心の花」に入会,印東昌綱に師事。24年「女人短歌」創刊に参加する。34年「玻璃(はり)」で現代歌人協会賞,46年「羊歯(しだ)は萌えゐん」が日本歌人クラブ推薦歌集。平成6年9月29日死去。88歳。岐阜県出身。東洋高女卒。歌集に「真鍋美恵子全歌集」など。
【格言など】ことごとく壊(く)えし船体が体温のごときもの持つ秋日のなかに(「雲熟れやまず」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真鍋美恵子の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門クエンティン タランティーノ平山郁夫トム ハンクスマーティン ランドー石内都アンネの日記英仏海峡トンネル藤本義一

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone