コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真鍋美恵子 まなべ みえこ

1件 の用語解説(真鍋美恵子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真鍋美恵子 まなべ-みえこ

1906-1994 昭和-平成時代の歌人。
明治39年1月18日生まれ。昭和元年「心の花」に入会,印東昌綱に師事。24年「女人短歌」創刊に参加する。34年「玻璃(はり)」で現代歌人協会賞,46年「羊歯(しだ)は萌えゐん」が日本歌人クラブ推薦歌集。平成6年9月29日死去。88歳。岐阜県出身。東洋高女卒。歌集に「真鍋美恵子全歌集」など。
【格言など】ことごとく壊(く)えし船体が体温のごときもの持つ秋日のなかに(「雲熟れやまず」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真鍋美恵子の関連キーワード池田純義倉地与年子田井安曇竹内邦雄只野幸雄友松賢中野照子林光雄山田富士郎小島なお

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone