コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玻璃/玻瓈/頗梨 ハリ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

玻璃
はり

サンスクリット語スパティカsphaikaの音写で、玻、頗黎とも書き、水精(すいしょう)と訳すが、赤・白などの水晶を意味する。古代インドで、この世における最高の宝とする七宝(しっぽう)の一つ。原語には石英の意味もあり、ギリシア語やラテン語のガラスを意味する原語の系統の継承で、パーリ語のパリカphalikaからサンスクリット語化したもので、一般にガラスの古名とする。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

玻璃/玻瓈/頗梨の関連キーワード瑠璃も玻璃も照らせば光る玻璃長石(データノート)グラスチニゼイションヴィトロパティックワイゼルベルク岩玻璃斑岩質玄武岩ガラス質凝灰岩モントハルデ岩脱ガラス化作用微珪長岩球顆真鍋 美恵子サントリン岩ムニオング岩安山岩状組織ガラス化作用斑状ガラス質岩脈状圧砕岩ミニマイト浄玻璃の鏡ボトライト

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android