コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼部帯状疱疹 がんぶたいじょうほうしん Ocular Herpes Zoster

1件 の用語解説(眼部帯状疱疹の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がんぶたいじょうほうしん【眼部帯状疱疹 Ocular Herpes Zoster】

[どんな病気か]
 帯状疱疹ウイルス三叉神経(さんさしんけい)第1枝に沿って発疹(ほっしん)をおこし、痛みをともなう病気です。発疹は上下のまぶた(眼瞼(がんけん))、頬(ほお)、鼻にまで広がることがありますが、顔の反対側にはおよばないのが特徴です。
[治療]
 発疹の治療には抗ウイルス軟膏(なんこう)を使用します。たいせつなことは、眼球(がんきゅう)内に炎症がおよばないようにすることで、放置すると角膜(かくまく)の濁りを残したり、緑内障(りょくないしょう)(「緑内障(青そこひ)」)を生じることがあります。まぶた、鼻根(びこん)付近の帯状疱疹は、必ず眼科医の診断を受けてください。眼科の治療では、抗ウイルス薬副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬(ステロイド)を使用します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

眼部帯状疱疹の関連キーワード水痘脊髄炎帯状疱疹ハント症候群ヘルペスアシクロビル何心地ヘルペスウイルスステルス型ウイルスウイルスの病原性 (pathogenicity of virus)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone