コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼部帯状疱疹 がんぶたいじょうほうしんOcular Herpes Zoster

家庭医学館の解説

がんぶたいじょうほうしん【眼部帯状疱疹 Ocular Herpes Zoster】

[どんな病気か]
 帯状疱疹ウイルス三叉神経(さんさしんけい)第1枝に沿って発疹(ほっしん)をおこし、痛みをともなう病気です。発疹は上下のまぶた(眼瞼(がんけん))、頬(ほお)、鼻にまで広がることがありますが、顔の反対側にはおよばないのが特徴です。
[治療]
 発疹の治療には抗ウイルス軟膏(なんこう)を使用します。たいせつなことは、眼球(がんきゅう)内に炎症がおよばないようにすることで、放置すると角膜(かくまく)の濁りを残したり、緑内障(りょくないしょう)(「緑内障(青そこひ)」)を生じることがあります。まぶた、鼻根(びこん)付近の帯状疱疹は、必ず眼科医の診断を受けてください。眼科の治療では、抗ウイルス薬副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬(ステロイド)を使用します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone