睡眠リズム(読み)スイミンリズム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトが眠っている際の、変化しながら繰り返している脳波の周期。睡眠周期ともいい、広義には睡眠覚醒(かくせい)リズムも同義に扱われることがある。睡眠は、現れる脳波のパターンにしたがって以下の5段階に分けられる。

 第1段階(入眠期) 脳波は、覚醒期にみられるα(アルファ)波にかわって低振幅の徐波が現れ、浅い眠りに入る段階。

 第2段階(軽睡眠期) 高振幅の鋭波と睡眠紡錘波が現れ、軽い眠りに入る段階。睡眠周期のなかでもっとも長く、深い睡眠に入る前段階である。

 第3段階(中等度睡眠期) 高振幅のδ(デルタ)波が現れるがその出現率は50%未満で、深い睡眠の初期の段階。

 第4段階(深睡眠期) 高振幅のδ波の出現率は50%以上で、深い睡眠に陥る段階。

 第5段階(レム睡眠期) 脳波は覚醒期や第1段階に似た覚醒状態に近い段階で、この段階のときに夢をみる。レムという用語の由来でもある急速眼球運動がみられる。

 以上の5段階のうち、レム段階でない第1~4段階の睡眠をノンレム睡眠という。ヒト(成人)の睡眠では睡眠リズムの1周期はおよそ70~120分で、これが一晩に4~5回程度繰り返される。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

睡眠リズムの関連情報