睿実(読み)えいじつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

睿実 えいじつ

?-? 平安時代中期の僧。
天台宗。愛宕(あたご)山でつねに法華経読誦(どくじゅ)。晩年は九州で世俗の生活をして財をなす。人をたぶらかすものとして肥後守にすべてを没収されたが,その妻の病気をなおし帰依(きえ)をうける。円融天皇(在位969-984)の病気治療にいく途中,道端病人をてあつく看護した話もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android