コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢島群芳 やじま ぐんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢島群芳 やじま-ぐんぽう

1798-1869 江戸時代後期の画家。
寛政10年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩士。大西圭斎,椿椿山(つばき-ちんざん)にまなび,花鳥画,とくに鶴(つる)の絵を得意とした。のち藩をはなれ諸国を遊歴したが,名声をおしまれて召還された。明治2年7月13日死去。72歳。本姓は一井。名は行善。字(あざな)は仲恭。通称は直記。別号に烏汀漁人,清硯斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

矢島群芳の関連キーワード藩学一覧ヘルウェティア共和国スエズ運河チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)女性参政権ベートーベンゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイト

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android