コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行善 ぎょうぜん

2件 の用語解説(行善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行善 ぎょうぜん

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の僧。
日本霊異記」によると,推古天皇の時代に高句麗(こうくり)(朝鮮)に留学し,668年(天智(てんじ)天皇7)同国の滅亡で唐(とう)(中国)にのがれる。養老2年守り本尊観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)像をたずさえて帰国,奈良興福寺に安置して日夜供養したという。俗姓は堅部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

行善

生年:生没年不詳
奈良時代の僧。俗姓堅部氏。河辺法師と号す。推古天皇の時代に高句麗に留学,同国の滅亡(668)にともない流離し,唐に到る。養老2(718)年帰国。同5年,勅により,長期の留学中に難行をあじわいながらも学業を修めたことを賞され,天下の諸寺に修行するときに僧綱と同じ供養を受けるという待遇を与えられた。留学中,橋が壊れて川を渡れないのに困り,観音を念じたところ,観音の化した老翁が船に乗り現れ助けてくれた。それ以後,観音像を日夜帰敬したという説話が伝えられている。<参考文献>景戒編『日本霊異記』(上巻第6巻)

(鷺森浩幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の行善の言及

【留学】より

…唐の建国後間もなく帰国した留学生恵日(薬師恵日(くすしえにち))らの進言によって,遣唐使が派遣されることになると,道昭(どうしよう)など多くの学問生・学問僧が遣唐使に従って渡唐した。また7世紀には新羅に留学する僧も多く,行善(ぎようぜん)のように高句麗に留学する僧もあった。しかし701年(大宝1)の遣唐使が派遣されるころから,留学生のほとんどは唐に渡った。…

※「行善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

行善の関連キーワード河辺奈良法師無辺法界永興恵忠河辺東人泰演(1)道融仁耀博通法師

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone