コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢幡治美 やはた はるみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢幡治美 やはた-はるみ

1912-1993 昭和時代後期の農協役員,政治家。
明治45年1月5日生まれ。酒造業から,戦後農業に転ずる。昭和29年大分県大山町農協組合長,30年同町町長となる。36年米作にたよらない農業をめざし,「ウメ,クリ植えてハワイに行こう」をスローガンに独自の村づくりを推進。一村一品運動先駆けとなる。平成5年10月1日死去。81歳。大分県出身。広島高工中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢幡治美の関連キーワード怪獣光の科学史新日本文学世界遺産新生党コン リーバーブ明治天皇大正バルカン戦争

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢幡治美の関連情報