コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農協役員

1件 の用語解説(農協役員の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

農協役員

農協の理事及び監事のこと。
理事は総会で決められた方針に基づき業務を執行し、理事会で選出された代表理事が組合を代表する。理事の定数は5人以上で、その定数の少なくとも3分の2は正組合員(法人の場合はその役員)でなければならない。
一方、監事は組合の財産の状況及び理事の業務執行状況を監査し、その定数は2人以上である。
理事・監事の任期は3年以内で、組合長は理事の互選により選出される。
この他、役員として経営管理委員を置いている農協もある。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農協役員の関連キーワード監事信託統治理事会理事国安保理決議安保理事会連邦準備制度理事会(FRB:Federal Reserve Board)農協個人正組合員農協・その他の農業団体旧和賀中央農協の巨額不正融資をめぐる経緯裁定委員会 (Board of Appeal)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農協役員の関連情報