コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山町 だいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大山〔町〕
だいせん

鳥取県西部,大山の北斜面から日本海岸にかけて広がる町。 1955年所子 (ところご) 村と高麗村の一部が合体して町制。同 1955年大山村と合体。 2005年中山町,名和町と合体。妻木 (むき) ,別所などは縄文・弥生時代の出土品が多く,孝霊山周辺には古墳群,阿弥陀川扇状地には条里制遺構がある。名和長年ゆかりの地で,名和一族をまつる名和神社などの旧跡が残る。大山主峰が町域に属し,中腹に大山寺大神山神社奥宮がある。山麓では酪農による乳牛飼育,養豚が行なわれる。平野部では米,野菜,二十世紀梨タバコなどを栽培。沿岸部ではウニ,板ワカメを特産。町域の一部は大山隠岐国立公園に属し,ダイセンキャラボク純林は特別天然記念物。下市川の河口付近には国指定天然記念物のハマナス自生南限地帯がある。 JR山陰本線,国道9号線が通る。面積 189.83km2。人口 1万6470(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

大山町の関連情報