コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢虫 ヤムシ

デジタル大辞泉の解説

や‐むし【矢虫】

毛顎(もうがく)動物門に分類される動物の総称。海産の大形プランクトンで、体は細長く無色透明で、体長1~6センチ。一、二対の側ひれ尾びれとをもち、頭部に剛毛列がある。雌雄同体

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やむし【矢虫】

毛顎もうがく動物門の動物の総称。体は細長く多くは体長1センチメートル 程度であるが、6センチメートルに達する種もある。体は無色透明で細長く、扁平で左右相称。海にすみ、体側と尾部にひれがあり、矢のように素早く直進する。雌雄同体。イソヤムシ・キタヤムシ・オオヤムシなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

矢虫 (ヤムシ)

動物。毛顎動物に属する浮遊性プランクトン

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

矢虫の関連キーワードヘラガタヤムシ(篦形矢虫)シンカイアカヤムシエンガンヤムシメクラヤムシフクラヤムシヒメヤムシキタヤムシ左右相称体側

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android