コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知識集約化 ちしきしゅうやくか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知識集約化
ちしきしゅうやくか

研究開発,デザイン,専門的判断および経験・知識,ソフトウエアなど人間の知的活動が製品やサービスに付加されることを指す。これによって単純労働や資源,エネルギーウエートが相対的に小さくなる。コンピュータ航空機など研究開発や熟練労働に依存する製品,高級衣料やファッション製品,情報処理サービスなどは知識集約化が進んだ産業である。 1971年に策定された「70年代の通商産業政策のあり方」で創造的知識集約型産業が初めて提唱された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知識集約化の関連キーワード産業政策ビジョン営業秘密侵害罪アパレル産業繊維産業産業構造

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android