コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知識集約型産業 ちしきしゅうやくがたさんぎょう

3件 の用語解説(知識集約型産業の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

知識集約型産業

事業活動を営む上で、知識労働への依存度が高い産業のことで、労働集約型産業の一種。一般に、研究者や技術者を数多く抱えており、コストに占める研究開発投資の割合が高い。ソフト開発等の情報処理産業バイオ等の研究開発型産業、ファッションデザイン関連産業などが典型とされる。

出典|ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちしきしゅうやくがたさんぎょう【知識集約型産業】

研究開発,デザイン,専門的判断など高い知的活動が生産に重要な役割を果たす産業。1971年5月の通産省産業構造審議会の答申で規定された用語。具体的には,(1)研究開発集約産業(コンピューター航空機原子力海洋開発等),(2)高度組立て産業(公害防止機器,教育機器数値制御工作機械,工場生産住宅等),(3)ファッション産業(高級衣類,住宅調度品,電気音楽機器等),(4)知識産業(情報処理サービスコンサルティングソフトウェア開発等)の4グループに分けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知識集約型産業
ちしきしゅうやくがたさんぎょう

一般に高度な組立て技術を必要とする産業で、研究開発、デザイン、専門的知識など、高度で多面的な知的労働が要求される産業のこと。
 1971年(昭和46)の通産省(現経済産業省)産業構造審議会の答申の定義によれば、(1)研究開発集約産業(コンピュータ、航空機、原子力、海洋開発等)、(2)高度組立て産業(公害防止機器、教育機器、数値制御工作機械、工場生産住宅等)、(3)ファッション産業(高級衣類、住宅調度品、電気音楽機器等)、(4)知識産業(情報処理サービス、コンサルティング、ソフトウェア開発等)の四つに分類されているが、知識集約化はどの産業分野でも進行しており、個別産業を知識集約型として特定することは困難である。
 日本経済は、高度成長期を通じて、鉄鋼業や石油化学工業、自動車工業といった基幹産業の発展により、国際水準を凌駕(りょうが)する重化学工業化を達成したが、その後、多様化する内外のニーズに対応するため、消費財産業を中心に、高度な性能やファッション性の高い製品の開発に努め、少品種・大量生産から多品種・少量生産(少量といっても一定の大規模生産を前提とする)に移行するようになり、産業の知識集約化が進み、産業活動が全般に高度化している。1971年の産業構造審議会の「知識集約型産業構造」への転換という答申はこのような事態を想定したものだった。産業立地政策の面でも、高度成長期の臨海型重化学工業の地方立地(新産業都市構想)から、電子・機械などの先端的技術産業群の立地を核に、産・学(工科系大学、民間研究所など)・住(潤いのある街づくり)を複合したテクノポリス(高度技術集積都市)構想への転換がみられる。
 知識集約型産業は、量産型大工業(資本集約型産業)に比べ、知的労働を中心とする労働集約型産業であり、高い教育水準を有する労働人口を多量に抱えている日本では、その点きわめて有望であり、とくに、ベンチャー・ビジネスなど中小企業を中心に、その雇用効果が期待され、ひいては日本経済全体の新たな活性化につながるものとされている。[殿村晋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の知識集約型産業の言及

【産業分類】より

…(1)商品の用途面から分類して,生産手段を生産する投資財産業,原材料を生産する生産財産業(以上をまとめて基礎産業),消費にあてられる財を生産する消費財産業(耐久消費財に限定する場合もある),(2)資本装備率が高く,高度な技術と設備を必要とする重化学工業(生産財,投資財関連の産業が多い)とそれらの点で反対の軽工業(消費財関連の産業が多い)という分類,(3)生産過程における加工度の違いによる区分で,生産のための資源や材料を生産する素材産業(素材産業・加工組立産業),材料を加工して単品や部品を生産する加工産業,部品や材料を用いて完成品を生産する組立産業,(4)生産要素の結合具合の違いにより資本装備率の高い資本集約型産業(資本集約型産業・労働集約型産業),それが低く,労働との結合度が高い労働集約型産業,などがある。 また,製造業の内分類として,自動車や電機などの産業を加工組立産業,技術進歩の影響度が高い産業を技術集約型産業,ハードウェアよりもソフトウェアが重要なコンピューター産業などを知識集約型産業などという場合もある。また石油化学,石油精製,鉄鋼,非鉄など大型の生産設備を採用している産業を装置産業という。…

※「知識集約型産業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

知識集約型産業の関連キーワード仮言的判断グッドデザインクラフトデザイン選言的判断定言的判断デザイナーアートデザイナーエコデザインデザインインモデリスト

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知識集約型産業の関連情報