短期賃貸借(読み)たんきちんたいしゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

たんき‐ちんたいしゃく【短期賃貸借】

〘名〙 法律用語。植林を目的とする山林では一〇年、その他の土地は五年、建物は三年、動産は六か月以下の期間の賃貸借。被保佐人など処分の能力または権限をもたない者は、短期賃貸借より長い賃貸借をすることができない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の短期賃貸借の言及

【抵当権】より

…その結果,抵当権に劣後する利用権は抵当権実行によってすべてがくつがえることになるが,それでは抵当権の設定された不動産の利用が妨げられかねない。そこで,短期賃貸借(602条。例えば,土地は5年,建物は3年)に限り,抵当権実行後もその期間内は存続できることとした(395条)。…

※「短期賃貸借」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android