コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期重課 たんきじゅうか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短期重課
たんきじゅうか

短期の土地売買に対して,通常よりも重い課税がなされる措置のこと。保有期間5年以下の短期保有の土地資産譲渡益については,土地転がしを抑制する目的から 52%~71.5%の重課税が課せられる。また,大都市圏の地価高騰抑制策として,法人や不動産業者による保有期間2年以内の土地の転売については,通常の法人税に加え 30%の税率で追加課税されることになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android