コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石の火(読み)イシノヒ

デジタル大辞泉の解説

いし‐の‐ひ【石の火】

火打ち石をこすって出す火。また、瞬間的なもの、はかないもののたとえ。
「―よりもまだはかないは人の命でござる」〈虎寛狂・布施無経
石から出ると考えられた火。
「春のわらびに雪消え、―に氷解く」〈宇津保・春日詣〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android