石の火(読み)イシノヒ

  • いし
  • の 火(ひ)

デジタル大辞泉の解説

火打ち石をこすって出す火。また、瞬間的なもの、はかないもののたとえ。
「―よりもまだはかないは人の命でござる」〈虎寛狂・布施無経
石から出ると考えられた火。
「春のわらびに雪消え、―に氷解く」〈宇津保春日詣

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 火打ち石を打って出す火。きり火。
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)下「鍔を火打の石の火の」
② 石が熱せられて発すると考えられた火。
※宇津保(970‐999頃)春日詣「春のわらびに雪きえ、いしのひにこほりとく」
③ (またたく間に消えるところから) きわめて短い瞬間、または、人生のはかないこと、無常であることのたとえ。
※千五百番歌合(1202‐03頃)一四四三番「石の火にこの身をよせて世の中の常ならずなほ思ひ知るかな〈嘉陽門院越前〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android